2014年05月01日

雑菌と足の臭い

足の臭いの原因は、エクリン腺とアポクリン腺から分泌される汗や、足の皮脂、皮膚や爪の間の汚れなどをエサにし、大量繁殖した雑菌やバクテリアの出す排泄物の腐敗臭なのだ。

特に臭いの原因となる雑菌は、「白癬菌(はくせんきん)」と呼ばれる細菌である。白癬菌に感染すると、水虫を発症することが多い。白癬菌は、人間や動物ののを住処とする・の一種である。この菌は、角質の成分であるというたんぱく質を栄養源にしているため、人間の垢が落ちるほとんどの場所に生息しているのだ。


しかし、白癬菌や雑菌、バクテリアは、どこででも繁殖するというわけではない。
白癬菌、バクテリアが繁殖するためには、温度や湿度など、一定の条件が必要だ。
白癬菌などの雑菌は湿った場所を好み、「湿度70%以上・温度15℃以上」になると活発に増殖する。この状態で皮膚に白癬菌が付着すると、急速に増殖し、角質層へと侵入して、やがてさまざまな水虫の症状として現れてくるのだ。

特に、靴を履いている足の指の間は、湿度95%以上、温度は32℃以上にもなるといわれているので、白癬菌が繁殖するには好都合なため、水虫の原因となる。

つまり、白癬菌などの雑菌にとって、密閉された靴の中は、まるで天国のような環境なのだ。長時間革靴を履くことが多く会社員、湿気の多いところで長靴などを長時間履く仕事をしている人、ブーツを好んで履く人に足の臭いが発生しやすいのはこのためだ。ちなみに、この白癬菌は、水虫の原因菌であるため、「水虫菌」とも呼ばれている。

足 臭い対策 アシート
posted by 淳子 at 20:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

食事と足の臭い

ここでは、食事と足の臭いの関連性について述べてみたい。 実は、直接的に足の臭いを強くするような食事は特にない。しかし、食べる食材や食事の仕方によって、汗のかき方が変わってくる。 前述したとおり、汗と足の臭いには強い関連性がある。 つまり、「汗かきやすくする食事」は、間接的に足の臭いに影響するのだ。 それでは、「汗をかきやすくする食事」とはどんな食事か? ひとことで言うと、脂っこい食事は汗をかきやすくなるということだ。 ステーキやハンバーグなどの洋食に多い脂っこい食事は、和食に比べて動物性タンパク質や、脂質を多く含んでいる。これらの食事は、体の代謝機能を活発にしてくれる分、汗をかきやすくする。 汗の分泌量が多くなれば、体の様々な場所で雑菌やバクテリアが繁殖しやすい環境が形成される。 一般的に、肉類やチーズ、牛乳などの乳製品は、脂質も動物性タンパク質も豊富で、特に発汗性を高めるといわれている。天ぷらも要注意だ。 足の臭いの予防という観点から見ると、こうした食品が多く含まれる食事を控え、さっぱりとした和食中心の食事を心がける必要がある。 肉類天ぷらチーズ牛乳 反対に、緑色野菜や納豆・小麦胚芽・うなぎなどの、ビタミンB2やビタミンEを多く含む食材は、汗を抑えるのに効果的といわれている。 その他にも、辛い食材、ニンニクやニラなどの臭いのきつい食材なども足の臭いの原因になりやすい。食べ物だけでなく、多量のアルコールも発汗性を高める原因となるので、控えるのがベターだ。

足 臭い対策 アシート
posted by 淳子 at 14:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

ストレスと足の臭い

足の臭いは、精神的なストレスも要因になるという。例えば、こんなことはないだろうか?家にいる時は足が全く臭わないのに、職場で仕事をしていると臭ってくる。

極度に緊張すると、手のひらや足に大量の汗をかいてしまう。
このように、ストレスによる汗によって、足の臭いが強くなることがある。今まで全く臭わなかったのに、急に臭いがきつくなった時は、環境の変化や緊張など、ストレスが原因の可能性も考えられる。
このようなストレスが原因で起こる多汗を、「精神性発汗」と呼ぶ。

精神性発汗とは、体温調節を目的とした発汗はなく、ストレスや緊張、不安などの精神的・心理的な問題が原因で、のが活発になることにより、から汗が分泌される現象を指す。いわゆる「冷や汗」「手に汗を握る」とは、この精神性発汗のことをいう。精神性発汗自体は、誰にでも起こることだ。しかし、これが過剰な場合は、いわゆる、特にの大きな原因だと考えられる。下記の状況は、精神性発汗が起こりやすい心理状態だ。

足 臭い対策 アシート
posted by 淳子 at 21:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。