2014年01月19日

食事と足の臭い

ここでは、食事と足の臭いの関連性について述べてみたい。 実は、直接的に足の臭いを強くするような食事は特にない。しかし、食べる食材や食事の仕方によって、汗のかき方が変わってくる。 前述したとおり、汗と足の臭いには強い関連性がある。 つまり、「汗かきやすくする食事」は、間接的に足の臭いに影響するのだ。 それでは、「汗をかきやすくする食事」とはどんな食事か? ひとことで言うと、脂っこい食事は汗をかきやすくなるということだ。 ステーキやハンバーグなどの洋食に多い脂っこい食事は、和食に比べて動物性タンパク質や、脂質を多く含んでいる。これらの食事は、体の代謝機能を活発にしてくれる分、汗をかきやすくする。 汗の分泌量が多くなれば、体の様々な場所で雑菌やバクテリアが繁殖しやすい環境が形成される。 一般的に、肉類やチーズ、牛乳などの乳製品は、脂質も動物性タンパク質も豊富で、特に発汗性を高めるといわれている。天ぷらも要注意だ。 足の臭いの予防という観点から見ると、こうした食品が多く含まれる食事を控え、さっぱりとした和食中心の食事を心がける必要がある。 肉類天ぷらチーズ牛乳 反対に、緑色野菜や納豆・小麦胚芽・うなぎなどの、ビタミンB2やビタミンEを多く含む食材は、汗を抑えるのに効果的といわれている。 その他にも、辛い食材、ニンニクやニラなどの臭いのきつい食材なども足の臭いの原因になりやすい。食べ物だけでなく、多量のアルコールも発汗性を高める原因となるので、控えるのがベターだ。

足 臭い対策 アシート
posted by 淳子 at 14:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。